覆面調査の副業はどのくらい稼げるの?

主婦や学生のお小遣い稼ぎに、また生活費の足しに副業をする人は多く、中でも覆面調査は日常生活に密着した仕事も多いため、楽しみながら報酬を得ることができると人気の副業のひとつです。

しかしその仕事内容や報酬など、実態はあまり広くは知られていないため、どんな仕事なのか気になっている人も多いでしょう。

小さな子どもがいる人や外に働きに出られない人など、様々なライフスタイルの人におすすめの副業です。具体的な仕事内容や始め方などの基本情報を紹介しますので、ぜひご自身の生活に取り入れてみて下さい。

覆面調査の仕事とは?

覆面調査の仕事は、覆面調査員が一般のお客様に紛れて調査対象のお店を利用し、サービスの品質や接客態度など決められた項目をチェックするのが主な内容です。

お店にとっては抜き打ちで行うため、覆面調査員は調査員という身分を隠しあくまで一般のお客様として来店します。

調査対象のお店や業種は多岐に渡り、ファミレスやカフェなどの飲食店、コンビニやスーパーなどの小売店をはじめ、カーディーラーや不動産店舗、ガソリンスタンドやアパレル店、美容室やエステ店、カラオケ店やホテルなどのサービス業なども対象です。

多くはフランチャイズ展開している業種です。フランチャイズ展開している企業にとって大切なのは、どのお店を利用しても同様のサービスや受けられ、商品の品質が一定水準をクリアしていることです。

仮に一部の店舗で商品の品質低下や接客態度、清掃状況などに不備があると、その企業全体のイメージ低下にもつながるため、特にフランチャイズ展開をする企業の多くはエリアマネージャーなどの社員が各店を臨店し、社員教育に努めています。

しかし運営側だけではなく、お店やサービスを利用するお客様の目線も重要なため、サービスや品質が一定水準を満たしているか、またお客様目線で不備や向上できる余地はないかという情報を得るために、各企業が覆面調査会社に調査を依頼しています。

このような目的で覆面調査員は依頼されたお店に来店し、指定された通りに商品購入やサービスを利用、予め指示された項目をチェックします。

中には店員に声をかけて、トイレや商品などの場所を聞くというものもあります。

しかし覆面調査員の仕事は、調査後の報告書作成が最も重要と言えます。報告書は選択式や記述式などのフォーマットがあり、簡単なものでは10分程度で完成しますが、記述式のものでは最低文字数の指定があるものもあり、誤字脱字はもちろん表現方法や報告内容も含めて、きちんとした報告書に仕上げる必要があります。

覆面調査はいくら稼げる?

副業として始めるからにはどれくらい稼げるのかが気になりますが、そもそも覆面調査の報酬体系の主な仕組みは現金支給とポイントバックです。

現金支給は、調査時に支払った代金の一部または全額が支給されるものです。一方ポイントバックは現金支給ではなく支払った代金のうち、およそ20%~100%がポイントとしてもらえるもので、ポイントは各電子マネーやギフト券などに交換できます。

居住地区から離れた地域での調査を請け負うことになる場合は、稀に交通費が支給されることもありますが、多くは自分の住んでいる地域内での調査になります。

一度の調査でもらえる報酬ですが、アルバイトやパートのようにまとまったお金を稼ぎ出すというよりは、食事やサービスをお得にまたは無料で利用できる程度と考えましょう。

飲食店やスーパーなどでは最低利用金額が決められている場合も多く、例えばスーパーで1000円の買い物をし、500円の報酬が支給されるケースや、ファミレスで5000円以上の飲食が指示され5000円の報酬が支給されるケースなどです。

中には利用額のほぼ全額を報酬として回収できるものもありますが、お得に買い物や食事ができるというのが基本スタンスです。

それでも例えば車を多く使う家庭では、ガソリンスタンドの調査でお得にガソリン給油ができたり、調査項目でオイル交換が指定されていたりと、生活に密着した調査を選べば楽しみながらコツコツと続けられます。

飲食店や小売店以外に、不動産店舗での部屋探し相談や保険代理店での相談、また美容外科でのカウンセリングなど経費のかからない調査もあります。この場合は0円の経費に対して報酬が得られるのでお得です。

覆面調査を副業を始めるための流れ

覆面調査のメリットは元出や資格、特別なスキルが不要、面接や履歴書などの用意が無くても始められる点です。

実際に覆面調査を始めたい場合は、覆面調査を請け負う仲介会社に無料の会員登録をするところから始めます。

覆面調査を扱う会社は多くあり、それぞれに扱っている案件の種類や得意とする業種が異なります。

インターネットサイトや情報誌などに掲載されている会社もあるので、数社を見比べて自分のライフスタイルに合う案件や好きなものを多く扱う会社を選ぶと良いでしょう。

覆面調査が初めての場合は、大手のフランチャイズチェーンの案件を多く扱う会社に登録すれば、抵抗感も少なく始められるでしょう。

人気の案件や飲食店は抽選になることも多いので、当選確率を高めたい場合には数社に登録するのもおすすめです。

登録する際、案件紹介に必要な居住地域や性別、家族構成などの情報を入力しておくことで、属性にあった案件が表示されるので希望する案件にエントリーします。

調査の前に事前テストが必要なものや、応募者多数の場合は抽選になる場合もありますが、当選すると詳しい調査方法や対象店などの指示がメール等で届くので、内容をよく確認してできそうなら参加します。

調査期間や飲食店、小売店などの場合は来店する時間帯が指定されている場合もあるので、事前に条件をよく確認することが重要です。

月にどれくらい仕事をもらえるの?

覆面調査の仕事は、1案件ごとの報酬はそれほど多くはなく、稼ぐというよりは楽しみながら節約ができる感覚であることを先にお伝えしました。

それでも月にある程度の件数をこなせば結構な金額の報酬を得たり、外食費や出費を大きく節約できたりするかもしれません。

それでは、実際に月にどれくらいの仕事がもらえるのかですが、これは自分のやる気と誠意のある調査報告書の作成など、実績を積み重ねていくことが最も重要です。

覆面調査の仕事は、調査を依頼したい企業から調査会社を通じて依頼されることで、覆面調査員に仕事が割り振られます。

つまり調査を仲介する会社にとっては、依頼元企業が納得できる調査報告を提出すること、またミスや不備の指摘だけでなく、店舗や従業員の接客やサービスなどの良かった点、改善余地のある点もきちんと評価する報告書の提出こそが、依頼元企業の期待に応えることになります。

先に、調査やチェックそのものよりもその後の報告書作成こそが、覆面調査員の重要な任務であると書いたのはこうした理由からです。

そのため納期を守れない人や誤字脱字、記入漏れが多い報告書などは論外、いかに現状把握と課題発見につながるフィードバックを作成できるかが、次の仕事をもらえるかどうかにかかっています。期待されている以上の内容に仕上げてこそ、覆面調査員としての信用度が上がります。

多くの覆面調査サイトやアプリでは、毎日数十件程度の案件が更新されますが、飲食店の調査などは特に人気が高く、希望者が多数いた場合には抽選になります。

このような場合に精度の高い報告書を書ける調査員であれば、仕事をもらいやすくなりますし、信用できる調査員であれば応募していない案件でも直接声がかかるケースもあります。

まとめ

覆面調査の仕事は副業としての単価は低いかもしれませんが、自分が普段利用するスーパーや飲食店のサービス向上に貢献できる仕事です。

小さな子どもがいる家庭や、家族の介護などの事情でまとまった時間を外で働くことができない人、またお小遣いを少しでも増やしたい学生やサラリーマン、生活費を節約したい主婦など様々な世代、ライフスタイルの人におすすめのお仕事です。

ある程度の報酬を見込むためには、簡単なものや好きなジャンルなどから始めて、確実に実績を積んでいくことが大切です。コツコツと続けていくことで、案件も多くもらえるようになります。

ぜひ覆面調査のお仕事を通して、より楽しい副業生活を始めるヒントにして下さい。

TOPへ戻る