主婦に何故人気?ミステリーショッパーのメリット

ミステリーショッパーは特定の店舗や商品を調査する仕事です。調査し、レポートを提出することで報酬がもらえるのですが、レポートの作成があるので、大変そう、難しそうな仕事と捉える人もやはり多いです。

しかし、そうした手間をかけてもいいと思えるぐらいにメリットを感じる人が、案件を紹介しているサイトには多くの人が登録をしています。今回はミステリーショッパーの仕事について、メリットとデメリット、そしてうまく仕事をこなすコツについてご紹介します。

ミステリーショッパーについて

ミステリーショッパーの仕事は、指定されたお店の調査をするのですが、調査する店は案件により様々で、居酒屋やファミレスなどの飲食店や、エステやネイルサロンなどのサービスを受けられる店、コンタクトレンズなど商品を販売している店の案件が多いです。案件を紹介しているサイトに登録後、興味のある案件に応募、当選したら調査にいくことができます。調査に行く前に注意事項や指定の条件を確認し、調査がスムーズに行えるようにしなくてはいけません。万が一条件を満たすことができなければ、再調査もしくは報酬がもらえないということになってしまいます。調査はなにより、店側に調査員だということを気づかれないように行わなければいけません。無事に調査が終わったら、レポートを作成しますが、案件によってはアンケート形式のものもあります。また、レシートや写真の提出が必要なこともあるので、忘れないように一緒に提出すれば、報酬がもらえます。

ミステリーショッパーの報酬の受け取り方法は現金もしくはポイントのサイトが多いです。また、金額はかかった飲食代や商品代、サービス代の20~100%となることが多いようです。ポイントの場合、ある程度貯まれば現金や電子マネーと交換が可能です。

調査員にとってはお得に飲食ができたり、サービスが試せるお得な仕事ですが、企業にとっても大きなメリットがあります。それは店を調査してもらうことで、現状の問題点や改善点を見つけ出し、店の売上アップやサービスの質の向上のための対策を考えるヒントになります。調査を内部の人間ですると、普段の様子を知ることが難しくなるので、外部の人が一般客を装ってすることで普段通りのサービスを調査できます。これは例えば店長や役職の人間ではしにくいことで、もしも、こういった役職に就いた人が調査に訪れると、普段よりも丁寧な接客を意識したり、逆に「ミスをしないようにしなくては」と緊張していつも通りの接客ができないスタッフが出てくる可能性もあります。そうなっては、調査の目的を達成できなくなります。こういったことから、外部の人による調査が望ましいとされています。

主婦にとってのメリットとデメリット

嬉しいメリットはたくさんあります。

普段なら行かないお店にも行くので、良い店の情報に詳しくなれます。いつもなら選ばないような店にも調査を目的に行くようになり、それが自分の好みのお店となると大きな収穫ですよね。実際に調査で訪れたことをきっかけにその店の常連になるということも少なくないそうです。バイトを何度も経験すればするほど、それ分良いお店の情報に詳しくなれる機会も増えるということになります。

サービスをお得にまたは無料で受けることができます。ミステリーショッパーの報酬は受けたサービスや飲食代の一部もしくは全額が報酬になりますので、お金の収支はどちらかと言えばマイナスです。しかし、どうせ外食するなら調査の一環で店にいき、お得に食事代を済ませることで、賢く節約できます。例えば、女性なら美容院に定期的に行く人が多いですが、これが毎回割安価格で出来れば大きな節約ですよね。同じく、エステは高いからなかなかいけない!という主婦でも、ミステリーショッパーとしていけば、報酬が大きな案件であれば無料かキャッシュバック付きで受けることができます。

これは主婦にとって仕事にしやすい一番の理由かもしれませんが、隙間時間でできるということです。パートや他のバイトの多くは拘束時間があります。拘束時間の間は仕事先にいないといけませんし、通勤時間もかかります。また週に何回以上出勤しないといけないということも考えると、子供の帰宅時間や食事の支度などの家事の時間も確保しなくてはいけない主婦には大変です。しかし、ミステリーショッパーでしたら、都合のいい時に、都合のいい頻度で調査にいけるので、時間の融通がかなりききます。

一方で、デメリットには、冒頭にもお伝えしたレポートがめんどくさいという点があり、他には、かかった費用は一旦は自身で払わないといけない点です。ランチタイムの飲食店の調査できたら1000円前後で済みますが、エステとなると1万円前後の立て替えが必要になる可能性があります。報酬の支払いは時間がかかるものだと1~2か月かかることもあるので、報酬の支払いまでにかかる時間についても案件に募集する前に確認しておくと安心です。自腹になる費用もあり、それは調査店に向かうまでの交通費です。これは報酬には含まれないので、あまり遠方の調査ばかりにいくと赤字になることもあります。もう1つ挙げられるのが、仕事量が不安定なことです。調査権を獲得するには、応募後、当選しなくてはいけません。しかし、人気の案件は倍率が高いので、応募する案件が人気のものばかりになると仕事が全然ないということになる可能性もあります。

仕事をうまくするコツ

報酬を確実にもらえるよう、質の高いレポートを提出できるようにしましょう。そのためのコツをご紹介します。

調査中、メモはスマホでとりましょう。調査項目は案件にもよりますが、数十個に渡ります。そのため、調査中メモをとらないと忘れてしまう事があるかもしれません。しかし、店内で紙にメモしていたり、アンケート用紙をだして書いていると店員に調査員とばれてしまうかもしれません。そこで活用したいのがスマホです。スマホを見ながら店内を回る人は調査員でなくてもいますし、飲食店でもスマホを触りながら食べていても、食べる前に写真を撮っていても、最近ではそれが普通なので怪しまれることは少ないです。接客した店員の名前や、提供までの時間など、他の項目もチェックが必要な中覚えるのが大変なことはメモしておきましょう。

店で調査した内容をメモする事以外にも、調査項目を予めスマホに入れておくことも、良いレポートのために使ってみてください。調査後に、「ここを確認するのを忘れた!」となると再調査が必要になってしまいます。そうならないために、忘れそうな項目があれば、メモに書いておき、店内で確認しましょう。

レポートの作成は、調査をしてからなるべく時間を空けないうちに書くようにしてください。とはいえ、外では書きにくいので、下書きだけでもしておくと安心です。特に、1日に2か所以上の調査をして、夜にまとめて書く場合記憶が混同してしまうかもしれません。そうならないためにも、調査シートのコピーを持参しておき、店をでたらなるべくすぐに下書きをすれば、それを防ぎやすくなります。

レポートは店の改善点を見つけるためのものですので、お店がどうすればよくなるのかを具体的に提案するようなスタンスで書くようにすると質の良いレポートになります。「おいしかった」「店員の印象が良かった」で終わらないようにしたいですね。

まとめ

ミステリーショッパーは「大変そう」というイメージがありながらも、主婦に人気のバイトです。良いお店の情報に詳しくなれること、お得にサービスを利用できること、時間に融通が利くことが大きなメリットとなっています。

調査の目的は店をよりよいものにするためなので、提出するレポートもそれに貢献できるような、具体性のあるものにすると質の良いレポートになり、報酬を受け取りやすくなります。調査に行く際には是非ご活用ください。

TOPへ戻る