似ているようで全く違う!ミステリーショッパーでなくラウンダーになることのメリットとは?

お店の売り上げを向上させたり、より良いお店にするためには改善点を見つけて新しい施策を行っていくということがとても重要です。そのために働く人としてミステリーショッパーとラウンダーがあります。この2つの仕事は同じように扱われることも多いのですが、実際には似ているようで全く違うものです。こちらではラウンダーの仕事とはどのようなものであるのか、働くことによるメリットにはどのようなものがあるのかについてまとめています。店舗改善の仕事に興味のある方や、ラウンダーの仕事をしてみたいという方は一度読んでみてください。

ラウンダーの仕事とは

ミステリーショッパーと良く混同されがちな仕事の一つとして、ラウンダーというものがあります。飲食店や小売などサービス業や小売業に携わっている人なら必ず知っている仕事ですが、一般の人にはあまり聞きなれないものかもしれません。では一体どのようなことをする仕事なのでしょうか?

主な仕事内容というのは自社の商品を取り扱っている店舗に出向いて、店舗での陳列方法や販売方法、取り扱い数などをチェックします。基本的にはデパートやドラッグストア、スーパーなど多数の商品を取り扱っている店舗を回ります。

これらは何のために行うのかというと、全ては自社製品の売り上げを向上させるためです。お店でどのように自社の製品が取り扱われているのか、お客さんの視点で見るとどのように見えるのか、お客さんの反応や他社製品との違いはあるのかなどは実際に店頭に行ってみて見なければわかりません。売り場の広さは限られていますので、その中でいかに良いポジションで沢山の量を陳列してもらうかということでお客さんへのアピール力が大きく変わってきます。それは売り上げにも繋がってきますので、とても重要なことなのです。

あまり状況が良くない場合には商品の説明をしたり、商品の持つ魅力を改めて伝えるということもします。また自分が直接店頭に立って実際に商品の販売を行うこともあります。これによって、店頭スタッフと情報交換をしてコミュニケーションを取ることができますしより良い販売方法の提案や指導をすることも出来ます。

店頭での陳列方法などに問題がある場合には、店舗の担当者に売り場の提案をしたり企画を持って行ったりします。自社の商品をより積極的に販売してもらうことが出来るように交渉をするというのも、とても重要な仕事の一つです。

売り上げの向上のために店舗責任者と交渉を行うときくと営業と何が違うのかと思われるかもしれません。ラウンダーは営業の人がこまめにチェックすることがでいない店頭の様子をチェックしてそれを営業に伝えて情報共有をしたり、自分で解決できる部分は自分で行い売り上げの向上へとつなげるとういうことが大切な仕事です。本部や営業と、店舗の橋渡し役となるとても重要な仕事なのです。

店舗やサービスの改善に貢献出来る

現在ラウンダーの仕事というのは非常に人気が高まっている仕事の一つです。ではラウンダーの仕事をすることによるメリットややりがいというのは、どのような部分にあるのでしょうか?

最も大きなやりがいとなるのは、やはり店舗状況やサービスの改善や売り上げの向上に直接的に貢献することが出来るということになります。またその変化をリアルタイムに自分の目で直接見て実感することが出来るという点も大きなやりがいに繋がります。

売り上げが芳しくなかった際などには陳列方法を提案したり、新しい企画を持っていったりします。また売り場での陳列場所が良くなかったり、展開する数が少なかったりする場合には営業に代わって担当者に交渉をすることもあります。自分のアイデアを活かした提案をして、それが導入されて売り上げが向上したり店舗の状況が改善するということはとても嬉しいものですし交渉が通ってそれが結果に繋がることで達成感も感じることが出来ます。

もちろん営業の仕事をしていても同じようなことはありますが、実際に店頭にこまめに出向いているラウンダーはよりその変化を自分の肌で感じることが出来ます。そしてこまめにコミュニケーションを取っている分店舗のスタッフとの関係性も強まっているので、その嬉しさもより大きく感じることが出来ます。さらにこれらの状況改善によって、店舗で働くスタッフが活き活きと明るく働いていたりより高い売り上げを目指して一生懸命働いている姿をみることが出来るということもメリットの一つです。

自分のやっていることが店舗やスタッフのサービスに反映されて、それが店舗状況やサービスの改善や売り上げの向上につながっていることをきちんと感じることが出来ればモチベーションも高く保ったまま仕事をすることが出来ます。これは他の職種ではなかなか感じることが出来ない、ラウンダーの仕事ならではの働くメリットと言えるでしょう。

スケジュールの自由度が高い

次にご紹介したいラウンダーとして働くことのメリットは、スケジュールの自由度がその他の職種と比較すると高いということです。

ラウンダーの主な活動時間は10時から16時頃とされていますが、その時間ははっきりとは決められてはいなく本人の裁量に任せられている場合が多いです。直行直帰をすることが出来る職場もありますし、自宅周辺の店舗を担当するというようになっている職場もあります。そして決められた仕事を決められた期間内に仕事を終わらせさえすれば後は自分の都合に合わせて仕事ができるというのが大きなメリットとなっています。

そのため子育て中の方で子供が幼稚園や学校に行っている間だけ働きたいという方や、介護をしていて働くことが出来る時間が限られていたり急に休みをとらなければいけなくなることが多い方などでも比較的働きやすい仕事であると言えるでしょう。

営業とは違って細かくノルマが設定されていることがあまりありませんので、精神的にストレスを感じることもありません。ラウンダーの場合が多くの職場で自本人の裁量で働くことが出来るようになっていますし、基本的には自分一人で行動することになります。もちろんその分責任は自分で負わなければいけませんので、仕事や時間の管理というのはきちんとしなければいけません。しかしそれさえしっかりと行うことが出来るのであれば自分で全てを調整しながら自由に行うことが出来る仕事であるので、非常に働きやすい仕事なのです。

まとめ

ラウンダーはミステリーショッパーと同じように、店舗やサービスの改善を行って売り上げやサービススキルの向上のために働くのが主な仕事です。しかしラウンダーは直接店舗に出向き、スタッフや店舗や担当者とコミュニケーションを取ったり提案や指導をしたりしながらより具体的に改善へと取り組んでいきます。

自分のアイデアを活かすこともできますし、自分の行ったことが良い結果を生んだ際にはその変化も直接感じることが出来ますので非常に大きなやりがいを感じることが出来る仕事です。

与えられる裁量も大きく、スケジュールや仕事量などを自分の中で上手く調整をしながら働くことも出来ます。お子さんや介護をしなければいけないご家族がいる方なども両立しながら働きやすい仕事であると言えます。

本部や営業と、店舗との橋渡しをしながら売り上げの向上や店舗改善にも携わることが出来る非常に重要でやりがいの大きな仕事ですので興味のある方はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

TOPへ戻る