優れた審美眼を持つ覆面調査会社を探そう!おすすめの覆面調査会社とお役立ちコラムを配信!

おすすめの覆面調査会社ランキング

ショッパーズアイの特徴


ショッパーズアイは、覆面調査(ミステリーショッパー)を中心に、店舗に関わる事業をサポートしている会社です。調査結果の分析をもとに優先的に改善すべき点のご提案なども行っています。

グループ会社も多く、覆面調査ばかりではなく、電話での対応をチェックするミステリーコール、来店者へのインタビューや行動観察、ブランドの認知度や利用理由などを探るネットリサーチ、従業員満足度(ES)調査など様々な調査にも対応できます。

なお、覆面調査は、飲食店や小売店だけでなく、ヨガスタジオやスポーツジム、英会話教室などといった習い事教室系、カーディーラー、結婚式場・転職エージェントなど幅広く対応しています。その調査件数は年間約2万件にものぼっています。

気になる調査の精度ですが、調査員は、各案件のガイドラインを読み込み+案件専用の理解度テストによる教育で合格した人のみを派遣しています。このような調査員の質を高めるとともに、調査票も一律のフォーマットではなく、各社専用に設計することで、店舗の状況を把握しやすい工夫をしています。

                   

ショッパーズアイおすすめの理由


ショッパーズアイでは、ランク制を導入し、覆面調査員のランクによって謝礼の額が異なるという手法を用いています。これは、より品質の高い覆面調査を行う調査員に、その品質に見合った報酬を支払うという趣旨を基に行っているものです。

つまり、しっかり丁寧に仕事をすれば、その分、その努力に見合った報酬を得ることが出来るというわけです。努力が報われる、正直者が損をしない真摯な姿勢を重要視したショッパーズアイの姿勢が分かるシステムでもあります。

覆面調査は、様々なサービスを提供する企業の清浄化のためになくてはならない存在です。よりよい調査が行われれば、それはそのまま覆面調査の信用性の高さにもつながるものでもあります。こうした信用度の高さは、これまでの実績があるからこそ培われているもの。

ショッパーズアイのおすすめポイントはこうした信用性の高さ、そして働き甲斐のある環境にあるといえます。

ショッパーズアイのサービス表


※左右にスライドさせてご確認ください。

運営会社 株式会社ショッパーズアイ
調査(モニター)種類 飲食店、美容関係、多種類販売店等
会員数 13万人
サービス開始歴 2013年から

ファンくる(ROI)の特徴

ファンくるは、グルメ系・美容系の店舗への調査が多い覆面調査(ミステリーショッパー)会社です。店舗調査以外では健康食品から化粧品、日用品やダイエット食品まで幅広いモニター案件のラインナップがありますが、特に着目するべきはグルメ系・美容系ミステリーショッパーが充実しているところです。

飲食費の30%や50%分の費用がもらえるという、行えば行う程に利用者のメリットが増えるという魅力から、特に飲食店を多く利用する世代を中心に、人気が高まっています。

ファンくるでは、調査員も主婦だけでなく、サラリーマンや働く女性たちなど、様々な属性の方が存在しており、多様な意見を聞くこともできます。

ファンくる(ROI)おすすめの理由

今、日本国内で最も会員数が多い覆面調査サイトなのがファンくる(ROI)です。会員数が多いということは、それだけモニター案件が多く、種類も豊富であるということです。

これだけ多くの需要があるほど、注目されているというのがファンくる(ROI)の最大の魅力です。注目されるため、1つの部門のみならず、様々な業界に注目されやすいため、それだけ案件が多くなるということでもあります。

多くの人が使いやすいよう、初心者でも使いやすいよう配慮も為されているというのも魅力の一つ。例えばモニターに応募すると、期間をあけず当選結果がわかるようになっており、モニター後のアンケートも難しくない方式を用いています。

空き時間にちょっとだけモニター調査を行いたいという方にもおすすめです。

ファンくる(ROI)のサービス表

※左右にスライドさせてご確認ください。

運営会社 株式会社ROI
調査(モニター)種類 グルメ、美容、多種販売店、保険等
会員数 120万人
サービス開始歴 2006年から

ミステリーショッピングリサーチの特徴

株式会社MS&Consulting(エムエス・アンド・コンサルティング)が運営するミステリーショッピングリサーチは、会員数約40万人で全国の覆面調査(ミステリーショッパー)に対応できるサービスです。

2000年からサービスを開始している老舗企業で、飲食店・ヘアサロン・ガソリンスタンドを中心に実績は豊富です。

また、サービス業向けに組織力や従業員満足度(ES)調査を実施する「サービスチーム力診断」、調査実施後の研修やコンサルティングも実施している企業です。

そんなミステリーショッピングリサーチの魅力と、企業が誇る強み、また今後の課題とも言える弱点などを調査して、詳しく検証してみましょう。

ミステリーショッピングリサーチおすすめの理由

人に愛される企業、店づくりをお手伝いすることを目指すミステリーショッピングリサーチでは、多くのサービスを丁寧に細部まで確認することを大切にしています。丁寧な対応は、人の心を豊かにし、そうして愛される店は、経営も安定するという方針を軸にしているからです。

こうした主軸があるからこそ、ミステリーショッピングリサーチでは、心を尽くした調査を基本としています。サービス業界の一層の向上を図りたいという思いがあるからこそ。つまりそれだけ熱い思いを持っている企業なのです。

ミステリーショッピングリサーチは、丁寧で細部まで調査を行うことを基本としています、仕事に真摯に向き合い、自身の努力を込めたいという思いを持っている人に最適な働き甲斐のある環境です。

市場の安定だけでなく、覆面調査員の働き甲斐を守る環境にあることこそ、ミステリーショッピングリサーチのオススメポイントといえます。

ミステリーショッピングリサーチのサービス表

※左右にスライドさせてご確認ください。

運営会社 株式会社MS&Consulting
調査(モニター)種類 飲食店、ホテル、美容関連、生活関連サービス等
会員数 50万人
サービス開始歴 2008年

インパクトホールディングスの特徴

MediF(メディフ)を運営するインパクトホールディングス株式会社(旧:株式会社メディアフラッグ)は、2004年に小売り業種のマーケティング支援を目的に設立された企業であり、2005年より本格的に覆面調査業界に参入した経歴があります。つまり小売り業種に関しての高いノウハウと、知識を生かした覆面調査が可能であるということです。

インパクトホールディングス株式会社の理念としては、売り場を元気にすることが日本や世界を元気にするというものです。売り場や企業が活力ある環境にあることこそ、日本の経済を支え、ひいては日本の発展にもつながると高い理想を掲げているのです。

こうした思いを胸に、インパクトホールディングス株式会社では流通業界の様々な企業に対し、覆面調査(ミステリーショッパー)ばかりではなく、販促物の設置等を行うラウンダー(店舗巡回)・店舗で商品を使用し性能などを伝える推奨販売(実演販売)・売場で商品の広告を見せるデジタルサイネージなど、様々なサービスを提供しています。

インパクトホールディングスおすすめの理由

インパクトホールディングスでは、流通や小売業を経験した人が多く働いています。現場の生の声を大切にし、そのなかで調査を実施することをモットーにしているのです。

現場を知るものが、その中でより良い環境を得るために何が必要か、更なる調査を行うことは、今の環境を把握したうえで、さらに向上するために必要な戦略を練るためにも欠かせないと考えているからです。

ですからモニター調査に関しても、生の声を大切にしています。素直に感じたこと、観たことをありのままに調査を行い、それを明らかにすることが必要と考えています。とはいえ、調査実施の際には一定の評価基準を設けて、その基準に沿って実施するため、初めての方でも不安なく挑むことができます。

これも現場経験者が多いが故に、着眼ポイントが明確になっているというメリットであるなど、経験則を巧みに活用している点はインパクトホールディングスのおすすめポイントです。

インパクトホールディングスのサービス表

※左右にスライドさせてご確認ください。

運営会社 インパクトホールディングス株式会社
調査(モニター)種類 飲食、物販、サービス、金融機関など
会員数 28万人
サービス開始歴 2004年

エイジスリサーチ・アンド・コンサルティングの特徴

覆面調査会社のエイジスリサーチ・アンド・コンサルティング株式会社は、2007年に設立されたミステリーショッパーや企業コンサルティングを業種とする企業です。

調査員の登録数は9,000人を超え、多くの企業の調査に対応してきました。親会社である株式会社エイジスが店舗の棚卸サービスを実施していることもあり、小売・流通業界での実施が多い企業です。

また、年に1回、日本全国の小売業・飲食業のサービスレベルを調査する「サービス オブ ザ・イヤー」を開催するなど、ただ覆面調査(ミステリーショッパー)を実施する以外の活動にも力を入れています。

エイジスリサーチ・アンド・コンサルティングおすすめの理由

エイジスリサーチ・アンド・コンサルティングでは、飲食や販売などの小売業界と共同企画を実施し、サービス・オブ・ザ・イヤー制度を実施しています。これは店舗の品質を調査し、高い品質を維持し続ける店舗や企業に対し、その評価を明確にするという制度です。

小売業界と結び合い、より高いサービスを提供するため、業界の透明性の確保を大切にしたこの制度によって、関連企業のサービスレべルは年々大きな進歩を遂げています。

この点がエイジスリサーチ・アンド・コンサルティングのおすすめポイントと言えます。単に調査を行い、現状を明らかにするだけでなく、今後のより良いサービス環境を促すために一体となって取り組むことが出来る。

すなわち調査のその先を見ることが出来るというわけです。今を知るだけでなく、その先を見つめたいという方には最適な環境と言えます。

エイジスリサーチ・アンド・コンサルティングのサービス表

※左右にスライドさせてご確認ください。

運営会社 エイジスリサーチ・アンド・コンサルティング株式会社
調査(モニター)種類 飲食、販売等小売業
会員数 非公開
サービス開始歴 2014年から

その他の覆面調査会社一覧

ガイアリサーチ(ガイアサイン)

ガイアリサーチ(ガイアサイン)

POINT

覆面調査(ミステリーショッパー)関連の企業は複数存在していますが、その中でも全国規模で対応できる会社の1社がガイアリサーチです。他社と比べてパチンコ業界などの調査実績が多いという特徴があります。

覆面調査の実施だけではなく、人材派遣や研修に対応ができる会社です。また、2店舗以上の調査を同時契約することで1店舗分の料金が無料になるサービスを行っています。

上記で記載したガイアリサーチの強み、そして弱みについても詳しくご紹介していきます。

ソフトブレーン・フィールド

ソフトブレーン・フィールド

POINT

ソフトブレーン・フィールドは、企業に対して売り上げ向上に繋がる様々なサービスを提供している会社です。そのサービスの中の一つに覆面調査があります。

ソフトブレーン・フィールドでは、主婦を中心としたミステリーショッパーを多く採用しており、全国に数多くの調査員がいます。調査員は、依頼のあった飲食店やアパレルショップなどの店舗に一般客として行き、事前に企業から依頼されているチェックポイントについて調査します。

もしも冠婚葬祭関係などで、打ち合わせ内容を確認したい場合にも、調査員に内容を指定して打ち合わせに臨んでもらうこともできます。第三者の目線で、自社の接客やサービス内容を正当に評価できるので、最近では利用する企業が増えています。

クラウドワークス

クラウドワークスのHP

POINT

クラウドワークスは、クラウドソーシングを展開する最大手の会社です。クラウドソーシングとは、インターネット上で不特定多数の人に対して仕事を発注するという仕組みです。インターネット経由で、多くの人が企業の依頼したい業務を見ることになります。

企業側には、大量の業務を一人に依頼するよりも複数人に依頼することで早く終わらせられること、コンペ形式の場合はより質の高い仕事をする人に依頼できることなどのメリットがあります。仕事を受注する側も、気軽に仕事ができること、好きな仕事を選んで受注できることがメリットです。

フリーランスで働く人の人口も増えているので、利用する人も増えています。クラウドワークスでは、様々な仕事内容を依頼することができます。クラウドワークス上で覆面調査を依頼することも可能で、調査会社を経由せずに直接依頼することができます。

インテージ

インテージのHP

POINT

インテージは、市場調査やマーケティングリサーチを行っている総合調査会社です。調査会社としては国内1位、世界でも10位であるとホームページに記載がある通り、実績の確かな会社です。取引企業も数多く、様々な業種に幅広く対応しているのも大きな魅力であると言えます。

インテージが行う調査には様々な方法があり、インターネットを活用したオンラインでの調査や、覆面調査を含む実地で行うオフライン調査もあります。自分の企業にはどんな調査が必要なのか、様々な選択肢の中から選べるのが魅力ですよね。

インテージの覆面調査は、インテージと業務委託契約を交わしたミステリーショッパーが行います。覆面調査だけでなく、他の調査も併せて依頼することで、より大きな効果が期待できそうですね。

楽天インサイト

楽天インサイトのHP

POINT

飲食店やアパレルショップなど、接客やサービス内容の質が売り上げを大きく左右する業種はたくさんあります。社内コンテストや、管理職が現場に出向いて行う評価では、必ずしも普段通りの様子が見られるわけではありません。本当にお客様目線での評価をするためには、実際にお客様に評価をしてもらうのが一番ですよね。

そこで人気なのが、ミステリーショッパーと呼ばれる覆面調査員が、一般客のふりをして実際の接客やサービスを受け、評価を出す覆面調査です。楽天インサイトは、楽天グループが運営するアンケートモニターサイトです。通常はアンケートに回答する形式の調査を行っていますが、覆面調査の依頼をすることもできます。他にも商品モニターやインタビュー形式の調査も行っており、様々な方法で調査を行うことができます。

クロス・マーケティング

クロスマーケティングのHP

POINT

今や様々な業種がインターネットを巧みに利用し、その迅速かつ精密な情報を活用して、自己の業種の向上に努めています。もはや、その能力がなければ、これからの社会で勝ち上がっていくことが難しいと感じます。そんなインターネットを覆面調査の業界でも巧みに活用しているのがクロス・マーケティングです。

もともとマーケティングリサーチの能力が高い企業でしたが、そのリサーチをインターネット事業を利用して行うといった手法に一早く参入した企業でもあります。そのため、覆面調査に関しても、インターネットを活用した迅速な報告、また多角的なリサーチなどに定評があります。

そのWebを活用した手法によって、依頼から調査に至るまでの迅速性と、環境に見合った人選をも早期に行えるため、依頼から調査報告までが短期間で進められるのが魅力的です。情報は生き物ですので、鮮度のあるうちに報告されると、活用しがいのあるものとなります。クロス・マーケティングは、情報の重要性を理解した覆面調査会社なのです。

ドゥ・クリエーション

ドゥクリエーションのHP

POINT

例えば、飲食店でリピートされやすい飲食店とはどんな魅力があるのか、また会員が増え続けるスポーツジムの魅力とは、どんなところにあるのでしょう。単に利用者が増えるということだけでなく、利用し続けてもらえる環境が必要です。こうした問題をドゥ・クリエーションでは細やかに検証します。この検証のために大切なのが調査です。

ドゥ・クリエーションの覆面調査は、単なる対象店舗の問題点の把握だけではないのです。この先行きを見越した調査を重要ととらえています。そのため、依頼主には単に調査の結果だけでなく、問題点や改善すべき事象なども併せてご紹介しています。つまり、未来に発展するために必要なものをご紹介しているのです。依頼主の今後の輝ける成長を望むのがドゥ・クリエーションの調査なのです。

ナビット

navitのHP

POINT

株式会社ナビットの覆面調査は、利用者目線を重要視した覆面調査です。この利用者目線というのは、企業が今後、発展し成長してゆくためには、大変重要なものとなります。世の中はどんな感想を持っているのか、客観的にみると、実際はどのように見えているのか、こうした点を知ることは重要です。ナビットは、この点に着目し、対象店舗利用者に相応しい調査員を派遣して細やかなチェックを行います。

また報告内容に関しても、単なる書面上だけでの報告ではなく、デジタルカメラなどを用いて、写真等を使い分かりやすい形に配慮されています。報告を受ける側の分かりやすさにまで心配りが為されているのです。特に小売業界に大変重用されている覆面調査会社です。

覆面調査ミステリーショッパー

ミステリーショッパーのHP

POINT

リピート率は9割を超えるとして、そのサービスの質の高さが特徴的なのが覆面調査ミステリーショッパー(ジーコミュニケーション)です。とくに、この覆面調査ミステリーショッパー(ジーコミュニケーション)は、プライバシーの保護や取扱に高い評価を得ており、その信頼度の高さからリピート率が高まっているという特徴があります。

これまで、外食チェーンを中心に、ホテルや遊技場、娯楽施設等の広い分野においてその高い能力を買われ、覆面調査を行ってきた実績があります。なぜこのような幅広い業界での調査が可能なのか。それは覆面調査ミステリーショッパー(ジーコミュニケーション)では、覆面調査を行う調査員の年齢や能力にも幅広い在籍数があります。そのため、あらゆる業種において質の高い調査が行えるのです。

マイコメント(リサーチ・アンド・イノベーション)

POINT

覆面調査と聞くと、覆面調査員が対象の店舗に配置され、店員の動きや商品陳列の状況などを目を皿のようにして見張る、そんな調査を行うというイメージを持っていることでしょう。しかし、マイコメント(リサーチ・アンド・イノベーション)では、一歩先を行く覆面調査を行っています。見張るという手法では、店員もまた顧客も、見られていることに対する意識があり、本来すべき調査が出来ない可能性があります。

そのため、見張るという古典的手法から、ITを活用した調査手法にシフトし、購入履歴や購入の際のアンケートといった手法によって、もっと堅苦しくない意識の中で行うべき調査を進めるというシステムを採用しています。この手法によって、店舗や従業員の本来の様子を把握することが出来ます。また、顧客からも気軽なアンケート形式で行う調査によって、忌憚ない意見を聴取することが可能になるというメリットがあります。

キャリアマム

キャリアマムのHP

POINT

キャリアマムでは、覆面調査の調査員として多くの主婦層を束ねています。主婦は、20代から60代までの家計を預かり、家族の生活を守り、経済的で幸福度の高い日々を家族に与える重要な役割を持つ家族の大黒柱です。主婦層は、より安価で、より安全で、そして納得のゆくものを見極められなければなりません。

ですから、どんな些細なこともしっかり細かく見抜くことができるのです。些細なことも見逃さず、問題点を見抜くというのは覆面調査に必須の条件です。キャリアマムはこの主婦の能力に着目し、主婦を多く活用した覆面調査を行っています。

サービス業から販売業まで、多くの利用者が多いのも、またリピート率が高いのもこうした理由があるからです。改善すべき点の調査から、良好点まで、しっかり客観的に把握することのできる覆面調査会社なのです。

船井総合研究所

船井総合研究所のHP

POINT

船井総合研究所の覆面調査は、調査員の質にこだわっています。調査を行う上で、調査員の能力は大きなキーワードになることを理解しているからです。そのため、調査員への研修や、改善プランニングの実習など、調査員の能力向上に力を注いでいます。この企業努力があるからこそ、実際に覆面調査でも利用者から高い評価を得られているのです。今、何が求められているのか、そのためにはどんな努力をするべきか。

本来、覆面調査では対象店舗のこうした点を見抜くものです。船井総合研究所では、まず自ら自社のこうした点を調査し、常に改善を図っています。この企業努力こそ、多くの利用者に満足され、リピートされる理由でもあります。船井総合研究所では、依頼を受けて行う覆面調査も、単に調査にとどまらず、調査内容を踏まえたマーケティング戦略考案や、特殊な覆面調査など、利用者のニーズに対応できる柔軟さも持ち合わせています。必要なところに十分な調査を行うことのできる企業です。

イプソス

イプソスのHP

POINT

覆面調査とは、サービスの充実やより高い需要を目指した企業努力のために重要な戦略の一つです。この手法は、国内においてのみ行われているものではありません。グローバルな環境においても大変貴重な戦略です。イプソスは、グローバルな視野でこうした手法を用い、世界に必要とされた覆面調査会社なのです。

どのような業界も、今後グローバル化を視野に展開することはとても重要です。そのため、広い視野を持った戦略を持つ企業への調査依頼は欠かせないところでもあります。イプソスは、こうした必要性を見据え、求められる環境でより高い能力を発揮するための研鑽を続けている企業なのです。

覆面調査には、調査員の質の向上は欠かせません。また調査の結果を踏まえた検証も大変重要です。イプソスでは、こうした点を理解し、調査員の能力向上や検証技術の向上に日々努めているのです。

メイクブイ

メイクブイのHP

POINT

メイクブイでは、人の力を大切にしています。すべての文化は、人の手によって構成されています。そして、経済も人の力が重要です。そんな人の力を活用することで、現状の問題点や改善点、為すべきことというのは見えてくるものです。

また人の力はただ単に使うだけでは有用な活用法はできません。ある一定の規則を知り、研修を経ることによって、その能力はますます発展していきます。つまり、こうした人の力を発揮できるための教養も大切なのです。

メイクブイでは、覆面調査を行う調査員に、個々の能力を存分に発揮できるよう研修を大切にしているのです。こうした過程を経て覆面調査を実行するのです。そのためメイクブイの覆面調査は各分野で高い評価を得ています。全国的なチェーン展開をすすめるサービス業や販売業からもリピートを受けているのです。人を大切にした調査に心を尽くすのがメイクブイといえましょう。

アスマーク

アスマークのHP

POINT

アスマークは、単なる覆面調査だけにとどまらない市場調査など、幅広い調査を得意とした企業です。つまり、調べることが得意ということです。調べるというのは、上辺だけではいけません。何故、調べる必要があるのか、そしてどの程度まで調べるべきかなど、調査するべき幅や奥行きまで考慮しなければならないのです。

さらに、どのような人をターゲットとするのが良いのか、また参考となる意見を持った年齢や性別も瞬時に見極められなければならないのです。それには高い技術が必要になります。アスマークでは、こうした調査に必要な事項をしっかりと見抜き、的確な対象者から具体的な声を集め、それを集約するという能力に長けています。だからこそ多くの調査を行うことが出来る企業なのです。

調査力のある覆面調査(ミステリーショッパー)会社おすすめ20選!

覆面調査とは

覆面調査とは、ミステリーショッパーとも呼ばれるマーケティングリサーチの方法の1つです。覆面調査員が顧客として対象店舗や施設などに訪れて、接客サービスや商品のディスプレイ、店内の衛生面など、様々な視点から店舗状況を調査することで実態を把握することができます。

依頼する店舗が狙っている顧客層に近い年齢や性別、生活背景を持つ一般の人が調査員として顧客体験を行い事前に設定された設問に答えることで、よりリアルな店舗運営の現状を把握することができるのが特徴です。また、複数の調査員によって集められたサンプルを元に結果が集計・分析され、より良いサービスや商品を展開するために求められる課題を洗い出すことにも繋がります。

調査は決して問題点だけを指摘するものではなく、あくまでも店舗の現状を正しく知ることを目的に行われるので、将来的な目標設定や具体的なスタッフ教育、店舗運営に生かすことができるという面も忘れてはなりません。評価されるべきポイントもしっかりスタッフに伝わることで、日頃のモチベーションアップやスタッフ間の関係性向上に繋げることができます。

覆面調査のメリット

1.客観的に評価できる

基本的な覆面調査員では、実際に店舗の商品やサービスを利用する顧客像に近い一般の人が調査を担当するため、客観的に店舗の状況を知ることができるのがメリットです。

企業によっては社内で用意したチェックリストなどを活用して現状把握を行っている場合もありますが、内部のスタッフでは知らず知らずのうちに客観性が失われ、大切なポイントを見落としてしまうこともあります。顧客にとって重要と感じるポイントから現状をとらえることができる覆面調査では、よりリアルな現状把握ができるので、今後に繋がる具体的な施策を見出すのに優れた方法と言えます。

2.業界に精通している

調査会社によっては、所属する調査員は一般の人だけでなく、その業界や分野での経験や知識が豊富な調査員のプロとも言える人が揃っているところもあり、他店との比較や、業界ならではの細かいポイントを含んだより詳細な調査を行える場合もあります。

3.日常が観察できる

覆面で調査が行われることで、店舗のスタッフは事前に構えることなく日頃から行われている自然な状態を把握することができるのも覆面調査のメリットと言えるでしょう。そして現状把握はもちろんのこと、これらの調査で得られたデータを元に、店舗運営やサービスの質の向上に繋げることができます。

調査内容

調査内容は、顧客がその店舗や施設での一連の購買活動によって得られる様々な経験に基づきますが、調査対象となる業界や店舗において重要な項目を元に調査内容が詳細に決められる場合も多くあります。店舗の場合は店舗内の衛生管理商品のディスプレイスタッフの応対など、様々な視点から総合的にチェックすることができます。

設問形式

設問の形式はイエスかノーで答えるタイプの結果がわかりやすいものから、段階評価によってより細かい調査が行えるタイプもあり、設問の内容によって配点を変えることで、企業が重要視しているポイントやスタッフ教育に力を入れているポイントにフォーカスし、オリジナルの調査内容を企画することも可能です。

また、調査員が主観的に感じたことなどを記述式で記入する方法もあり、よりリアルな購買体験に基づいて現状を知ることができます。記述式の場合は、1人1人の顧客によって異なる状況が細かく記載されるので、その顧客が特に印象を受けたポイントや、時間の経過による心理変化も分析できるなどのメリットがあるため、複数の設問形式を組み合わせるのも良いかもしれません。

調査対象

覆面調査と言うと小売店などでの購買体験、レストランなどでのサービスでの調査をイメージする方も多いですが、近年では様々な分野においてサービスの向上を目指す企業が増えていることもあり、ヘアサロンやスポーツジム、窓口対応、電話対応など、顧客が利用する様々なサービスに対して調査を行う会社も多くなっています。

特定の業界に関する知識や経験が豊富な調査員が多く所属している調査会社もあり、その業界で重要とされているポイントを踏まえた視点や、店舗が目指す顧客のイメージに近い視点から調査を行うこともできるので、目的に応じてアレンジすることでより効果を高めることができるでしょう。

また、長期的な覆面調査を導入する場合は、同じ調査内容で半年に1回など定期的に調査を行うことによって、その後の成長度合いなどを確認することができます。

調査の流れ

実際に覆面調査を依頼する場合には、準備期間も含めて最低でも数週間の期間を要します。調査内容や規模に応じて必要とされる期間や内容は変わってきますが、ここでは基本的な流れをご紹介していきます。

まずは覆面調査を行うにあたり、自社が覆面調査を行う目的や期待する効果、業界に応じて適した調査会社を選択します。
調査内容や料金は調査会社によって様々なので、初めて導入をする場合は複数の調査会社を調べてから選ぶのがおすすめです。

依頼する調査会社が決定したら、調査内容や調査基準、回数、調査員の条件を検討します。そして調査員の研修を経て実際の調査を実施し、調査員は調査レポートを作成します。その後、集計されたレポートを元に調査結果の分析が行われ、依頼者にフィードバックされるというのが基本的な流れとなります。

「基本的な調査の流れ」

  1. 調査会社の決定
  2. 打ち合わせ、調査内容の決定
  3. 調査員の研修
  4. 覆面調査の実施
  5. 調査結果の集計、分析
  6. フィードバック
  7. 研修などのアフターフォロー
覆面調査で高い成果を出すためには、実際の調査だけでなく、事前の企画も大切なプロセスとなります。覆面調査を行う目的や重要視するポイントを相互でしっかり確認した上で行えるよう、可能であればある程度の余裕を持ったスケジューリングを組むのが良いでしょう。

調査会社によっては、調査結果によって得られた課題や改善点などを元にスタッフ研修や勉強会を行なっているところもあります。

自社でしっかりした教育システムが用意されている場合などは必要ありませんが、調査から分析、フィードバックまでをワンストップで依頼することで、現状把握だけにとどまらず、その後の具体的な改善策の実施に繋げることができるので、状況に応じて検討してみるのもおすすめです。アフターフォローが行われることでスタッフも成長を感じることができ、日々のモチベーションを高める効果も期待できるでしょう。

費用について

覆面調査の費用は調査内容や調査員の条件などに応じて大きく変わるのが特徴で、簡易的な調査では数万円程度で行えるものから、より細かい内容をアレンジする場合は10万円を超えるものまであります。

調査が行われた後もフィードバックを依頼するかどうか、長期的な計画に基づいて複数の調査をするかどうかでも費用は異なります。さらに、依頼する会社によっても様々なプランや内容が用意されているため、詳しい費用は依頼をする前に調査会社に見積もりをしてもらうことをおすすめします。

調査概要と費用

※左右にスライドさせてご確認ください。

調査の概要 店舗の基本的なチェックポイントを調査 簡易的な覆面調査を行う 入店から退店までの流れに沿って覆面調査を行う 調査事項の追加など、より詳細な覆面調査を行う 詳細な覆面調査に加え、分析やフィードバックがある
調査費用 5000円程度 10,000円程度 13,000円程度 15,000円程度 30,000円程度
上記の費用に加えて、初期費用がかかる場合もあります。

依頼するときの注意点

1.調査の目的を明確にする

覆面調査を依頼する際には、まずは調査の目的や期待する効果、納期、予算など大きな枠組みをある程度決めておくことが大切です。それぞれの調査会社で行われているサービスや調査員の種類には様々な特徴があるため、自社にとって相性の良い調査会社を選ぶことが高い成果を得られるポイントになります。

2.事前調査を実施する

また、事前準備をしっかり行なってくれるかどうかを確認しておくことも重要です。企業や店舗によって重要視している項目が異なるため、それらを抑えた上で調査が行われないと期待した効果が得られないこともあるので注意しなければなりません。

3.ターゲットに近い調査員を選ぶ

調査員を選ぶ際にはその店舗や取り扱い商品のターゲットに近い調査員を選ぶことも大切です。実際にサービスを利用する顧客層に近い人物が調査をすることで、より現実的な視点からチェックすることが可能になります。

最近では覆面調査を行う会社が増えたこともあり、調査員として登録している人が経験の浅いアルバイトということも少なくありません。できるだけ多くのサンプルを集めて集計を行う方法であれば一般の顧客に近い人のほうがリアルなデータを吸い上げやすいということもありますが、少ないサンプルの中から調査を行う場合には、調査のポイントをしっかり把握している人の方がより質の高い調査結果を得られるでしょう。

調査会社によっては、事前準備として調査員が研修を受けてから店舗の調査が行われることもあります。このような制度が整っているかどうかといった点も事前に確認しておくと安心です。

調査会社の選び方

覆面調査でより高い成果を出すためには調査会社選びも重要になってきます。調査を依頼する際には自社のデータを提供することになるため、調査会社は信頼できる会社であることは絶対条件です。

1.調査内容から選ぶ

大手の調査会社から、業界に特化した会社、近年ではインバウンド需要に強い調査会社など、様々な特徴を持つ調査会社があります。

より多くの調査結果から分析を行いたいという場合は調査員の登録者数が多いところを選ぶ必要がありますし、数よりも質を重要視する場合は精度が高い実績のある会社のほうが適していると言えるでしょう。

このように、調査会社を選ぶ場合には大手かどうかではなく、自社の業界やサービスにマッチしている調査会社であるかをしっかり検討した上で選ぶことが大切です。

2.予算から選ぶ

できるだけ費用を抑えてまずは現状把握を行いたいという場合もあれば、しっかり時間もお金もかけて徹底的に調査、分析、施策を行なっていきたいという場合もあると思います。

各調査会社によって料金の設定方法は様々で、依頼する内容によっても異なるため、事前におよその予算を設定した上で複数の調査会社に見積もりを出してもらうことで、より費用対効果の高い調査を行うことができるでしょう。

多くの調査会社では基本的な費用の目安は開示しているものの、依頼する企業に応じて様々なプランやオプションが用意されている場合がほとんどなので、ホームページなどに記載されている金額と実際にかかる費用が異なることも少なくありません。

最終的な費用が思った以上に高額だったり、期待していた内容と費用が見合っていなかったりといったトラブルを防ぐためにも、事前にすり合わせを行っておくことが大切です。

まとめ

覆面調査は、調査員が顧客として店舗やスタッフの現状を客観的にチェックすることで顧客満足度やサービスや商品の質を向上させるために役立つマーケティングリサーチ方法です。調査結果を元に店舗の現状把握ができ、店舗環境の改善やスタッフ教育の見直しに役立てることが可能です。

覆面調査を行う会社は数多くありますが、調査会社によって内容や調査員の条件、料金などは様々です。自社の目的や要望に合った調査会社を選ぶことでより高い成果を期待することができるので、事前に調査会社の特徴を比較検討した上でより効果的なリサーチを行ない、自社サービスの向上を目指していきましょう。

覆面調査に関する基本情報

  • 覆面調査を利用することで得られる効果って何?

    覆面調査とは自分が調査員であることを隠して、一般のお客様としてお店を利用してお店のサービスや商品の質、スタッフの対応などについてチェックをする調査のことです。お客様目線でのチェッ[...]

  • 覆面調査結果の効果的な活用方法とは

    いくら効果的な調査であったとしても、ただ調査を受けただけでは調査を本当の意味で活用することは出来ません。それではせっかくお金を払っているのに無駄になってしまいますよね。お店の改善[...]

覆面調査お役立ちコラム

当サイトについて

覆面調査に必要なのは、単に求められた調査項目を確認できる能力だけではありません。その調査が何のために必要で、どういった方向性を導くものなのか、こうした背景を踏まえた上で行われることが求められます。例えば調査項目が端的でいかようにも捉えられる内容だった場合、その内容を具体的に今後の経営展望に照らす際には、再度調査項目を見直したり新たな調査をしなくてはならなくなります。

ですが優秀な会社の場合、調査内容が経営戦略に結びつくものか、顧客のニーズを調査するものかなど、調査方法を繊細に変化させるなど柔軟な対応ができるのです。世の中には様々な覆面調査会社が存在していますが、こうした方向性まで踏まえて業務に取組んでくれる優秀な会社は、正直現状では数少ない環境にあります。

だからこそ、調査を依頼する側としては、優秀な会社を見抜き、依頼することが求められるのです。高い能力を持ったおすすめの覆面調査会社とはどこなのか、そしてその会社が何故高い能力を持ち、顧客のニーズに対応できているのか、こうした魅力を余すことなくご紹介します。

TOPへ戻る