ファンくる(ROI)の特徴と評判

ファンくる(ROI)
9.1
ファンくる(ROI)の特徴と評判 5点満点中 4.55

POINT

ファンくるは、グルメ系・美容系の店舗への調査が多い覆面調査(ミステリーショッパー)会社です。店舗調査以外では健康食品から化粧品、日用品やダイエット食品まで幅広いモニター案件のラインナップがありますが、特に着目するべきはグルメ系・美容系ミステリーショッパーが充実しているところです。

飲食費の30%や50%分の費用がもらえるという、行えば行う程に利用者のメリットが増えるという魅力から、特に飲食店を多く利用する世代を中心に、人気が高まっています。ファンくるでは、調査員も主婦だけでなく、サラリーマンや働く女性たちなど、様々な属性の方が存在しており、多様な意見を聞くこともできます。

クチコミ

  • 正直この業者に決めたのはコスト面でしたので、肝心の分析内容にはあまり期待していませんでした。しかし良い意味で裏切られ今ではこの業者以外に依頼するのは考えられません。最近では画像投稿モニターを使って、より精度の高い接客が出来ているかを確認しています。ちなみにコストはもちろんですが、レポート納品が3日程度で済むのもおすすめポイントです。
  • 顧客満足度を上げたくて依頼しました。これまではアルバイトスタッフがうまく成長せずに、やきもきしていましたがファンくるの調査結果を元に研修をしたところ、少しずつ改善しています。順調に利益にも還元しているのでこの調子だと店舗数を増やせるし、行動分析を元にしたマニュアルを作ればより効率的な対応が出来ると考えています。
  • 飲食店専門の覆面調査なので業界の事もある程度わかってくれているし、その上で改善点を指摘してくれるのでこちらとしても聞き入れやすいです。他社と比べてもコストがとても安く、レポート提出が早いのでとにかく早く分析して欲しい企業におすすめです。
  • 社員を含むアルバイトが育たない原因を探って頂きました。飲食店ですしSNSから炎上して経営が傾くのは怖いですし、様々な点を危惧していましたが原因は別のところにありました。根本的な原因の改善はもちろんの事、情報共有の方法や作業の簡素化など多くの課題がある事が分かりました。飲食店にとってこれらは財産ですし、気づかせてくれた業者に感謝しています。
  • これまでに申込をしていた覆面調査の企業は飲食代にレポート費用、交通費といった内訳で1件のレポートにかなり2万円以上かかっていたので、頻繁に申込みが出来ませんでした。同業者からおすすめと言われたところは、謝礼と手数料のみで半額以下になると聞きさっそくお願いしました。客観的で適格なアドバイスをもらえたので、それを利益に出来る様に精進します。
  • ファンくる(ROI)は飲食店に特化した覆面調査の企業と聞いていたので、依頼しました。これまではレポートに3週間程度かかっていましたが、3日で納品されたのでシーズンに合わせて対応出来たので感心しました。費用も他社に比べると安いので、季節ごとに依頼しようと考えています。

会員数の多さを活かしたサービス提供

ファンくるは会員数約100万人と、多くの覆面調査員が登録しています。(性別・年代・職業などが異なる会員を多く抱えています。)飲食店やエステ・脱毛サロンなどの美容系店舗に、1店舗あたり複数名の調査員に訪問してもらうことで、店舗の状況を明らかにしようとしています。

その他、指定店舗で商品を購入してもらうサービス・ネットで商品を購入してもらうサービスを実施しているなど、会員数の多さを活かしたサービスを提供しています。店舗運営企業だけではなく、メーカー系の企業からも相談が入る会社です。

 

飲食店や美容系店舗以外での調査実績、細かい運用が課題

ファンくる会員が店舗に訪問する調査では、飲食店や美容系店舗が多い反面、それ以外の業種の店舗での実績は少ないようです。

「1店舗あたり●名での調査を目指す」という目標数に届かない(調査が完了しきれない)ことがある、前の質問で「問題があった」と回答した人にのみ次の設問を表示する等、調査員が回答するアンケートの細かい設定ができないということを聞いたことがあります。

「アンケートを細かく作りこみたい」「毎月全店舗に調査が来てほしい」などのご要望がある場合には、注意が必要です。

 

ファンくる(ROI)の総評

覆面調査大手でもあるファンくるの強みと弱みについてご紹介しました。多くの覆面調査員を抱えているからこそできることというのがあります。例えば、幅広い年齢層の声を求めるミステリーショッパーという面はもちろん、ショップの改善すべき点など、従来の覆面調査的な部分はもちろん、次代の流れを読み、新しい商品の開発やサービスの提供へのご案内というのもその一つです。ファンくるでは、こうした対応力に高い定評があります。

一方、飲食店や美容系店舗以外での調査実績、細かい運用が課題と言えます。今後課題に対しての改善が進めば、これまで以上に覆面調査(ミステリーショッパー)業界で存在感を発揮する企業になると思われます。

TOPへ戻る