気を付けて!ミステリーショッパー調査員であるとお店側にばれるポイントとは

ミステリーショッパーの調査員をする際には、気を付けなければならないことというものがいくつかあります。その中でもとても大切なことの一つが、お店側に自分が調査員であるということをばれないようにしなければいけないということです。本来のお店の姿や、サービス、商品をチェックするためには一般のお客さんとしてお店を利用するということが何より重要です。ではどのようなことがあると、調査員であるということがお店にばれることになってしまうのでしょうか?ばれてしまう原因となりがちな3つのポイントについてご紹介していきますので、調査に行かれる前に必ずチェックしておいてください。

目線や行動が不自然

ミステリーショッパーの調査員をしていて、調査対象のお店側にその調査がばれてしまう際には調査員側にいくつかの原因があります。その一つとして挙げられるのが、不自然な目線を送ってしまっていたり通常のお客さんであればとるようなことがないような変わった行動をしてしまうことです。

しかしこれは調査をする中では、多少は仕方のない部分というのもあります。調査員となるとチェックしなければいけないポイントが沢山あって、その指定されているチェックポイントを見落とすことなくきちんと見ていかなければなりません。その際に一生懸命やろうとすればするほど本当のお客さんではあまり意識して見ることがないようなものを見たり、ジロジロと店内やスタッフ、商品を見てしまう方が多いのです。

また調査をしているという責任感の強さから、細かい部分までしっかりとチェックして細かく指摘しようという意識を強く持っていると普通ではない目線や行動になってしまいます。自分が調査をしているということがばれてしまうと本来のお店の姿を見ることが出来ませんし、通常時と同じようなスタッフのサービスを受けることが出来ずに調査の意味がなくなってしまいます。

そしてもし調査がお店側にばれてしまうとミステリーショッパー会社の方に報告が行って、その調査自体が承認されなくなってしまうということもあります。ミステリーショッパー会社の中にはお店側に調査がばれてしまった場合には、報酬を支払わないというところもありますので注意しなければなりません。

一般のお客さんを装うというのはなかなか難しいものではありますが、あまり不自然にジロジロと見まわしてしまうことや明らかな視線を送ることは避けるようにしましょう。またどうしてもチェックしたいところなどがある場合には、スタッフの方が自分の方を見ていない時など、こちらの動きを気にしていない時にするように気を付けるようにしてください。

良く分からない質問を沢山する

そしてその他にも良く分からないことや誰にでも簡単に分かるようなことを敢えて質問したり、スタッフの方が答えにくいことばかりを聞いてきたりするということも、調査員がお店側にばれてしまうことの一つの原因となります。

調査を頑張ってやろうと張り切ることで、事細かに色々なことをチェックしようとする人は非常に多いです。それはもちろん良いことですし、調査をする上ではとても大切なことです。しかしだからといってスタッフさんを質問攻めにしてしまうことや、困らせてしまうような質問ばかりをするのはやめましょう。

そういった質問ばかりをしているとスタッフ側も何だか変なお客さんだなと思ってしまいますし、ミステリーショッパーに関する知識が多少なりともある人であればもしかして調査員なのではないかと勘づいてしまいます。

接客をしてくれる中で自然の流れとして出てくる質問であれば、通常のお客さんであってもすることはあるものですのでもちろん問題はありません。もしチェックしたいことがあってそのために聞きたいことがあるのであれば、その質問が自然に生まれてくるような行動をとるようにしましょう。突飛なことを言うのではなく、話の流れというものをきちんと意識しましょう。

またいくら調査をしているとはいっても、スタッフの方を困らせてしまうのはよくありません。忘れてはいけないのは、お店やスタッフの方のあら捜しをすることだけが覆面調査の目的ではないということです。ミステリーショッパーは普通の状態のお店に一般のお客さんとして来店してサービスを受けたり商品を購入します。その中でチェックしなければいけないポイントを含めてお店の改善点や良い点を発見していくということが一番の目的です。その目的を意識しながら、あくまでも一般のお客さんとして自然にスタッフの方に接するようにしましょう。

明らかにメモを取っている

多くの調査員の方がやってしまいがちなことですが、人から見てわかるように明らかにメモを取ってしまうということもお店側に調査のために来店しているということがばれてしまうことになります。

調査をすることになると、ミステリショッパー会社からはここをチェックしてきてくださいというポイントを指示されます。またそれ以外にもお店のために改善点や良いところを探してあげようという気持ちから様々なことをチェックしようとします。

しかし、そのポイントが多くなってしまうと記憶しておくということがなかなか難しくなりますのでメモを取って内容を忘れないようにしておきたいと思うかもしれません。しかしこの行為がスタッフさんや他のお客さんに分かってしまうと、ミステリーショッパーであるということがばれてしまうことに繋がります。

またメモと言ってもペンで書くだけではなく、最近ではスマホを使用する人も多くなってきています。しかしずっとスマホを打ちながら店内を見ていることや、スタッフさんが話しているのにスマホを操作し続けるというのはどう考えても不自然です。紙とペンを使用してメモを取るよりは、ごまかしやすいものではありますがそれでも怪しさは出てしまいますし何より店内でずっとスマホを操作しながら歩いているというのは危険ですのでやめましょう。

そして出来ればメモを店内で取らなくても大丈夫なように、事前にチェック項目をきちんと把握しておくということも大切です。メモを取るのはお店を出た後にして、店内では接客を受けることに専念するというのが一番良いです。

紙を使用するにしてもスマホを使用するにしても、メモをとらないとどうしても忘れてしまうというのであればスタッフの方が見ていない隙にサッと行うようにしましょう。ある程度は記憶しておいてまとめて記入する、死角になるところで行うなどといった工夫をするようにしてください。

まとめ

ミステリーショッパーの調査員であるということがお店にばれてしまう原因となるのは、上で紹介した3つの他にも様々なことがあります。しかしこれらの3つは明らかに調査をしているということが分かってしまうものであり、またついついやってしまいがちなことです。

一生懸命やろうとしたり、責任感の強い人ほど取ってしまいがちな行動でもあります。しかしどれも事前にきちんと意識をしておけばやらずに済みますし、ばれることも避けることが出来ますので注意をするようにしましょう。

ミステリーショッパーをする上で大切なことは、お店側に勘づかれることなくいつものお店の姿を見て通常のお客さんに接するのと同じようなサービスを受ける中で改善点や良いところを見つけて指摘していくことであるということを意識して決してばれることがないように調査を行っていく必要があります。

TOPへ戻る