マイコメント(リサーチ・アンド・イノベーション)の特徴と評判

5
マイコメント(リサーチ・アンド・イノベーション)の特徴と評判 5点満点中 2.5

POINT

覆面調査と聞くと、覆面調査員が対象の店舗に配置され、店員の動きや商品陳列の状況などを目を皿のようにして見張る、そんな調査を行うというイメージを持っていることでしょう。しかし、マイコメント(リサーチ・アンド・イノベーション)では、一歩先を行く覆面調査を行っています。見張るという手法では、店員もまた顧客も、見られていることに対する意識があり、本来すべき調査が出来ない可能性があります。

そのため、見張るという古典的手法から、ITを活用した調査手法にシフトし、購入履歴や購入の際のアンケートといった手法によって、もっと堅苦しくない意識の中で行うべき調査を進めるというシステムを採用しています。この手法によって、店舗や従業員の本来の様子を把握することが出来ます。また、顧客からも気軽なアンケート形式で行う調査によって、忌憚ない意見を聴取することが可能になるというメリットがあります。

 

リサーチ力とその活用に大いなる発展が期待できる

なんといってもマイコメント(リサーチ・アンド・イノベーション)の強みは、そのIT能力を駆使した手法にあります。数多ある覆面調査会社のなかでも、ITを駆使して行うリサーチと、リサーチによって得た情報を活用するという仕組みは、随一といえるのです。今や覆面調査もITの時代です。といっても、すぐに先進技術を取り入れられることが出来るという企業も少ないのが現状です。

そんな中、リサーチ・アンド・イノベーションでは、今後どんどんIT化が加速するであろうマーケティング部門に、先手を打って出たのです。覆面調査をアンケート形式に行うということはもちろん、収集した情報を活用し、今後、どういった商品をどのように並べるのが良いのか、また発展する可能性はどこにあるのかを検証します。こうした複合的なマーケティングを行えるのがIT化をより早く推進したリサーチ・アンド・イノベーションの強みなのです。

 

新しいからこそ今後の改善点が見いだせる

マイコメント(リサーチ・アンド・イノベーション)は、ご紹介したように他社よりも先んで覆面調査のIT化を図っています。この時代の流れに早期にのったことが強みでもある一方、弱みもあります。対象店舗の調査を行うのに際し、例えば購入した顧客のメールや店舗SNSなどから顧客専用のアンケートを受理するなど、ITを巧みに使用ている反面、全ての声を収集することができない、高齢の顧客の声を受けづらいなどの問題点もいまだあるのです。

とはいえ、どのような時代においても、先進的な案件には必ず伴ってくるのが、こうした弱みです。今後の展開如何では十分に解決する方法もあります。流行り物に飛びつくには、多少のリスクは伴いますが、その後に受ける恩恵は絶大です。こうした意味においてリサーチ・アンド・イノベーションは、今後の改善点を見出しやすい企業といえるでしょう。

 

マイコメント(リサーチ・アンド・イノベーション)の総評

マイコメント(リサーチ・アンド・イノベーション)の強みや弱みについてご紹介しました。覆面調査会社の中でも先進的なIT化を取り入れ、これを駆使して検証までも行うというリサーチ・アンド・イノベーションの取り組みは、先進的であるからこそのリスクも存在するところではあります。しかし、どんな場合においても先進的なものにはこうしたリスクが登場するのは当然のことといえます。

むしろ、時代に乗り遅れてしまうリスクのほうが大きい場合もあることを踏まえますと、覆面調査にIT化を図り、推進していることのほうが効率的である可能性もありましょう。覆面調査は、従来通りに真の顧客の声、店舗の様を把握することだけ、と割り切っているなら、このIT化も必要ないかもしれません。

しかし、どんな部門においても進化は大切です。進化を望む企業にはリサーチ・アンド・イノベーションの取り組み方が魅力的に見えること、必至といえます。

TOPへ戻る