どんな人が調査してる?覆面調査の仕組みとは

店舗で従業員のサービス・接客がどのように行われているのかを調査する覆面調査ですが、その仕事ぶりに興味ありませんか?

調査現場ではその素性を隠して一般消費者の如く振舞っている調査員ですが、世間一般ではその中身はベールに包まれたままです。どんな人が調査をしているのかも含め、どんな流れで仕事をこなしていくのか、覆面調査の仕組みとは?について、ここで明らかにしてみたいと思います。

 

覆面調査員ってどんな人?

覆面調査員ってどんな人たちなのでしょう?調査をやっている人たちは、一部を除いて一般の人たちです。乱暴な言い方をすれば、そこらへんにいる人たちです。私たちと同じような生活をしている一般消費者が調査員なのですね。

アルバイトとして調査員登録をして、仕事があれば応募して抽選に当たったり、指名依頼だったりはありますが、一般消費者が一般消費者を装っているのです。

なぜかといえば、この仕事には「消費者目線」というものが必須条件でもあります。その企業や店舗の利害関係人ではまったく意味がありません。ですから、普段は消費者として生活を営んでいる人間が覆面調査員である必要があるわけです。

中には専門の調査員という人たちもいますが、ほとんどが一般人が勤めています。

 

どんなことを調査をするの?

覆面調査とはどんなことを調査するのでしょうか。実際に店舗へ出向いて、消費者の如く振舞い調査をします。

対象になるジャンルはさまざま。スーパーやコンビニ、アパレル関係、エステ店、飲食店等、いわゆる接客業ですよね。中には在宅調査というものもあり、その際は電話による調査になります。

調査項目は多岐に渡りますが、調査会社は項目をストックしており、その中から依頼内容に合わせてピックアップします。大きく分けて接客、店舗、商品の品質です。接客はイメージ沸きやすいと思いますが、店舗とは店舗全体の清潔感ですね。商品陳列やトイレなど。商品の品質は飲食店がわかりやすいと思いますが、料理の質や提供スピード、価格など。

これらを細かく項目ごとに評価していきます。調査内容によっては実際に飲食したりサービスを実体験する必要があるものもあります。

 

仕事の流れはどうなる?

覆面調査の仕事の流れはどういったものになるのでしょうか。3段階に分けることができます。「応募」「調査」「報告」ですね。順に見てみましょう。

まず「応募」ですが、たいていは自らの希望する案件に応募する形になります。募集が枠を超えていれば抽選になります。そのを通過すれば案件を任されます。

「調査」は前章で述べた通り実地や在宅での調査になります。

そして最後が「報告」です。調査しっぱなしではなく、その内容を報告しなければなければなりません。調査報告はレポートにまとめて提出します。このレポートが依頼主が欲しかったものですから、しっかり作成しなければなりませんし、良いレポートが書ける調査員はおのずと指名依頼が入ってくる可能性が高まります。

 

まとめ

いかがでしょう。ご覧のように覆面調査員の多くは、調査会社に登録している一般の人なのですね。仕事の性質上女性の方がほとんどですが、この観点で言えば誰でもできる仕事と言えますよね。

「覆面調査とは調査して報告することが仕事」。このように表現すれば簡単そうですが、実際には適不適は出てきます。仕事ができる方には自然と案件が集まりますし、そうでない方は抽選に漏れる場合が多くなったりします。

もっとも、適性があるか否かはやってみなければわかりません。興味があればチャレンジしてみるのもいいと思います。

TOPへ戻る