ミステリーショッパーは稼げる?仕事内容と収入は?

ミステリーショッパーは店員に気づかれることなく、店を調査し、店のサービスや店舗内部の問題点を見つけ出します。調査後、レポートを書いたり、アンケートに答えて提出しなくてはいけないのですが、仕事に興味はあっても、レポートが大変そう!と感じている人も多いようです。

今回はミステリーショッパーの仕事や収入、メリットやデメリットにどういった点があるのか、稼げるのかについて確認してみましょう。

 

ミステリーショッパーの活躍

ミステリーショッパーは店員に気づかれないよう、一般客として調査に行くため、目立ちにくいですが、私たちがよく行く店で活躍しています。「接客が伴う職種」では全てミステリーショッパーによる調査の対象となり、例えば、レストランなどの飲食店、スーパー、コンビニ、ガソリンスタンド、家電量販店など商品を販売する店、美容室、ホテル、エステなどのサービスを提供する店の調査案件が多く紹介されています。

ミステリーショッパーは調査対象となる店や企業にとっても必要不可欠の存在で、店の売上アップやサービスの質の向上を考える上で、店の現状を知るために利用されています。調査をすることで、今の店の問題点は何なのか、どういった対策をすれば効果的に売上を伸ばすことができるのかを考えることができます。また、調査員を接客した店員は案件によっては名前がレポートに残るので、店員の普段の接客態度についても知ることができます。調査は内部の人間が行うことも可能かもしれませんが、内部の役職の人間が行っても、普段通りの接客や仕事ぶりをみることは難しいです。やはり、店長など上の人がその場にいると「いつもより丁寧にしよう」と意識してしまったり、「ミスしないように気をつけないと」と緊張したりする店員が出てきやすいからです。問題点を探るには「いつも通りの店」を調査しないと意味がなくなってしまいます。

実際に、調査を依頼し、対策を講じたことで、売上アップに成功した店もあります。また、あの有名なミシュランガイドもミステリーショッパーによる調査をもとにして作られている本です。ミシュランガイドでは料理の味だけでなく、接客態度や店内の清潔さ、サービスの質も含めて評価されているのですが、こういった調査が私たちに身近なファミレスやスーパー、美容院でも行われています。

店に出向いての調査だけでなく、自宅にいながら調査を実施する案件もあり、活躍の場は広まっています。化粧品など商品を取り寄せ、試した上で、その商品が紹介されている説明文と比較して偽りがないかどうかを確認する仕事や、コールセンターのスタッフの対応について調査するものもあります。

 

具体的な仕事と収入

具体的な仕事は、対象の店舗に一般客として来店し、接客態度やサービスの内容、店舗の様子などをチェックし、来店後にレポートを提出するのが基本的な流れです。調査案件により細かい項目は違ってきますが、飲食店の場合ですと、「混雑具合とその時の接客態度」「提供までの時間」「トイレやテーブルの清潔さ」「料金は妥当かどうか」を確認することが多いようです。

調査では、店のあら捜しをするというよりは、客観的に店を評価する姿勢が必要で、どのようにすれば店がよくなるかという視点からレポートを書くことで、調査を依頼した企業にとって価値のある調査レポートになります。

調査中はもちろんですが、店側に調査員であることが知られてしまっては調査失敗です。あからさまにメモをとる、店内を執拗に見て回る、店員に何回も質問をするということをすると怪しまれる可能性が高くなります。

肝心な収入ですが、月数千円~1万円程度が目安です。案件に募集する頻度、高額案件に当選する頻度によって収入には個人差があり、また、調査会社から直接依頼されるようなベテランの方になると安定して月数万円稼ぐこともできるようです。しかし、ネットの調査案件紹介サイトから応募し仕事をするのがメインとなる場合、パートやバイトで稼ぐ場合と比較すると少ない収入になってしまうことが多いようです。

ただ、飲食代が無料もしくは割引になる、普段なかなかいけないエステがお得に利用できる、欲しかった商品が一部の金額負担で購入できるなどの特典があるのが、一般的なパートやバイトにない点です。この特典を活用できれば、収入を増やすことはできなくても大きな節約をすることが可能です。

 

メリットとデメリット

ミステリーショッパーのメリットは、何よりサービスを受けて報酬がもらえることです。どうせランチやディナーを外食にするならば調査で行くお店にすれば外食費を節約できますし、エステに行きたい!という時でも調査の際に行けば、数万の出費を半額以下にすることも可能です。

お店に詳しくなることもできます。普段なら入らないジャンルや場所の店でも、調査をきっかけに訪れ、すごくいい店だった!となり、常連になることも少なくないようです。

拘束時間がないので始めやすく続けやすいという点もメリットです。バイトやパートですと、週に何日の出勤で、一日何時間いないといけないということがありますが、ミステリーショッパーなら、都合のいい日と時間に店に行けばよく、調査を予定していた日の都合が悪くなれば、調査可能な日の範囲内なら日にちをずらすこともできます。調査時間も30分~2時間ほどで済むので、時間が空いた時にすることができます。

デメリットは、レポートの作成が面倒という点です。レポートは内容によっては書き直しが必要になることもあるので、気をつけて書かなければいけません。

また、調査前に知らされる注意事項や調査条件を守らないと調査失敗とみなされ、報酬がもらえないこともあります。例えばレシートや写真の提出が必要な案件で、うっかり忘れてしまうと再調査をしなくてはいけなくなることもあります。確認漏れを防ぐには、スマホなどに忘れやすそうな項目をメモしておくと安心ですし、調査中も、例えば店員の名前や提供時間などをメモしておくと、レポート作成の時に役立ちます。

金銭的な点では、調査費用は一旦自分で払わないといけないことや交通費などの経費は報酬に含まれない点があります。案件によって、報酬の支払いまでに2か月以上かかることもあります。高額な調査費用がかかるものばかりを選ぶと負担になる可能性もあるので注意しましょう。

仕事量が不安定というのもデメリットと言えます。調査に行くには案件に応募し、当選しなくてはいけません。当選しない時が続くと仕事量が減ってしまいます。好きな案件に、いくつでも応募できることはメリットではありますが、安定的にしたい人にはデメリットになることもあります。

まとめ

ミステリーショッパーは私たちにとって身近な場所で活躍していて、活躍の場は以前よりも広がっています。

調査をして、結果をレポートにするというシンプルなものですが、店の改善点を探るという企業の目的に貢献できる仕事です。収入はパートやバイトのように収入が大きく増えるものではありませんが、サービスをお得に利用できるという点で、大きな節約をすることができます。

レポートが面倒、注意事項などを守らないと報酬がもらえないこともある、仕事量が安定しないなどのデメリットもありますが、お得にサービスが利用できる以外に、時間に融通がきき、店にも詳しくなれるなどのメリットもたくさんあります。

TOPへ戻る